2019年03月01日

ビオラが勢いづいてきた

ビオラの寄せ植え

この2月は異様に暖かかったな。雪が少なくて助かったけど...

タネから育てたビオラたちも気温の高さで勢いづいてきたみたい。

先日記事にも書いた宿根イベリス「スノーボール」と、その時いっしょに買った渋めのオステオスペルマム。

ビビ・ファイアと舌を噛みそうなヴェルヴィゾ・パイナップルクラッシュを合わせて寄せ植えを作ってみた。

パイナップルクラッシュって、温かみのある色合いで、少しアンティークな感じなところがなかなかよいね〜 (*´∀`*)

うまく表現できないんだけど、外側からややパープル→ピンク→黄色と微妙なグラデーションがあり、美しい。

寒い時はやや青みがかり、気温が上がるにつれてピンクが強くなる。

隠れた名品に勝手に認定 (`・ω・´)ゞ

さあ、ここから5月になるまでは、パンジー&ビオラが庭を彩る季節だよ〜ん♪

 

posted by Honoka at 21:47| Comment(0) | 種まき:パンジー・ビオラ

2019年02月26日

春のタネまき2019、始まる

ガザニアの発芽

まだ2月だというのに、ここのところ暖かい日が続いている。先日なんて20℃近くまで...

この調子で、昨年みたいに4月から初夏みたいな暑さになったら困るなー、ビオラとか、徒長して早く終わっちゃうからね。

それにバラの芽がもう出始めている!ヤバイ... 3月に強い霜をかぶったら芽が傷んでしまうー!まいったな...

とりあえず、今年も2月まきの定番ナスタチウムと、久しぶりのガザニア、そしてアスターの種まきを既に完了。

昨年は4月に暑くなりすぎて、2月にタネまきしたにもかかわらず、ナスタチウムがヘロヘロになり、ほとんどまともに花が咲かなかった。

アスターは一昨年、2月にタネまきしたところ、6月には害虫でボロボロになってしまい、これまたまともに花が見られなかった。

というわけで、本当は秋にリベンジまきする予定だったのに、うっかり忘れてまた2月に...

これじゃぁ、またダメかな〜 (´-ω-`)

ガザニアは丈夫で発芽適温の幅も広いので、秋から春まで室内ならいつでも種まきできる。

今回は初めて銀葉の品種であるタレントミックスというのをまいてみた。ちょうど今、子葉がでたところ(写真)。

それにしても毎度のこと、ガザニアってほとんど100%の発芽率なんだよね...。すごいな〜(゚ω゚)

ガザニアの過去の栽培記録はこちら>>

 

posted by Honoka at 18:38| Comment(0) | 種まき:ガザニア

2019年02月15日

ネコも笑う日本の政治家のレベル

野良猫

今年もいろんなニャンコきてる。

コイツは顔がでっかいおっさんネコ。この辺のボスかも (o^-^o)

ネコはホント、のんびりしてていいなぁ〜♪

こっちは全然心穏やかじゃないってのに...

今日はネットで国会中継をちょっと見ていたんだけど、こりゃもう日本はダメだな... 絶望的。

わが千葉県選出のオリンピック担当大臣、桜田義孝大先生の答弁ですよ (´д`)トホホ...

どうせ忖度とやらでTV中継はやらないんだろうけど、今はネットがあるんだから、みんな一度は見てみるべきでしょう。

もう日本も落ちるとこまで落ちたという感じがする。

こんな具合で政治家のレベルがあまりにもひどすぎて、平気でデータ改ざんしたり、政府のやっている政策も外交もメチャクチャ。

誰でしたっけ?お隣の国のデータは信用できないって言ったのは。よその国のこと、言えますかね?

プライドの高い官僚の皆さん、いいんですか??日本はもう世界の笑われ者ですが... 海外のニュース見てます??

やっぱり国民が常に意識を高くもっていないと、国っていうのはどんどん落ちぶれていっちゃうんだな〜すごいな〜

しかも困ったことに、谷底に落ちて行ってるってのに気付かない、いわゆる"ゆでガエル"状態になってるんだよね。じわじわと現状が悪化しているのに、警告している人たちの声が全然届かない。何を言っても考えようとしない。

政治はもとより、かつて一流と言われた経済だって、モラルの低下で企業の不祥事も出るわ出るわ、いまや政治同様三流になりつつあるのに。

あいかわらず中国や韓国を下に見てバカにする人たちを見ていると、心の中で「井の中の蛙...」とつぶやいてしまう。経済も技術も大学のレベルすらもどんどん抜かれているっていうのに、もう日本なんてスルーですよ(苦笑)

いやー、なんとも今日は落ち込んでいる... ネコになりたい...(´-ω-`)

 

posted by Honoka at 19:56| Comment(0) | いろいろ