2020年10月26日

秋のファイヤーボール

フレンチマリーゴールド ストロベリーブロンド

今週は気温も20℃超えで晴れが続くらしい。

湿度も低くなりやっと秋らしくなってきた。

涼しくなってからフレンチマリーゴールドの色が鮮やかになってきたのでツイートしようとしてハタと気づいた!

今年タネを蒔いたのはストロベリーブロンドじゃなくって、「ファイヤーボール」だったのだー(;´Д`)

8月にも記事を書いたんだけど、間違っていた。

いづれにしてもここ数年、マリーゴルドが夏を越せずボロボロになってしまうことが続いていたので、秋の花が見られてよかった。

今年は梅雨が長く結果的に暑い日が少し短かったのが幸いしたんだと思う。

8月にはやや赤が混じる濃いめのオレンジ色だったのが、秋には赤味が強く、色も濃くなり、赤からオレンジのグラデーションがとてもキレイ ( ´ω` )

来年はまたストロベリーブロンドを蒔いてみよう。一昨年やっぱり夏に枯れちゃったので...

 

posted by Honoka at 20:26| Comment(0) | 種まき:マリーゴールド

2020年10月16日

春蒔きのトレニアが花盛り

トレニア

今年は梅雨が長く夏が短かったけど、やっぱり9月のお彼岸までは暑かったな。

10月に入って先週あたりから急に涼しくなって、突然冬みたいな気温の日があったり体調管理が大変だ (;´Д`)

でも涼しくなるとアリッサムが急に大きくなって咲きだしたり、夏に休眠していたマリーゴールドが濃い色で再び咲き始めたり、秋だな〜って感じがする。

春に種まきしたトレニアも今が真っ盛りで、ドーム状に爆発的に大きくなってるの。

わが家ではだいぶ前から白地にブルーリップの株から自家採種して毎年タネを蒔いてるんだけど、昨年は新たに写真の右下にある薄紫地に濃いブルーリップの株を追加して近くに植えてみた。

すると自然に交雑したのか今年は微妙な色合いの株がでるようになったんだよね。

上の写真は白地に淡いラベンダー色の株、そして左下は紫のかすり模様の株。ほかにも淡いブルーのかすり模様の株もあったり、なんだか楽しい(^^♪

そんでもって今日はなんと赤紫の株を一つ発見!わが家には赤味のある株はないはずなのに一体どういうことなんだろう?先祖返り?それともご近所から飛んできたのか...

トレニアは霜が降りると枯れてしまうので、今頃から順次タネを採取するようにしている。

全ての花にタネができるわけではなく、花が散った後に残る蕾みたいな部分を指でつまんでみてコリコリと脂肪みたいなものができていたらOK。

切り取って室内で乾燥させ、翌春に中からタネを取り出して蒔く。タネは砂粒みたいにとっても小さいので、種まきするときは"厚まき"にならないように注意しよう。

とっても丈夫なので、鉢に土を入れて日陰に置き、パラパラと適当にバラまきしておけばわんさか発芽する。順次少しずつ掘り起こして別の鉢に植え替えたり、庭に植えたりすればぐんぐんと成長し秋までずっと楽しめる。

タネまき簡単なおすすめの夏花なのだ〜( ̄u ̄*)

トレニアの種まき記録はこちら>>

 

posted by Honoka at 18:58| Comment(0) | 一年草

2020年08月07日

ブロッコリーの発芽2020

ブロッコリー

今日は最高気温33℃弱、暑い!

熱中症にならないように冷たい水ばっか飲んでたせいか、お腹がちとゆるめ (;´Д`)

今年はコロナでうっかりしててブロッコリーの種まきが1週間ほど遅れてしまった。

8月3日に種まきして3日後には発芽が始まり、今日は子葉が開いてきた。

今回はタキイの「ハイツSP」っていうなんかアパートの名前みたいな品種 ( ̄▽ ̄;)

いままでずっと「緑嶺」という品種をまいていたんだけど、ついに一昨年タネが使い終わってしまったので、違う品種を試してみることにした。

中早生で緑嶺と同じく頂花蕾と側花蕾の両方が収穫できるタイプなのでよいかなと。

実は昨年もまいてみたんだけど、発芽後になんだかうまく育たず植え付けがすごく遅れてしまい、結局収穫は3月ごろになってしまった。

原因がよくわからないけど、今年はちょっと注意深くやってみようと思う。

ブロッコリーの過去の栽培記録はこちら>>

 

posted by Honoka at 17:50| Comment(0) |